最強のアウトドア用品「メスティン」買ってみた!!MiliCamp(ミリキャンプ)のメスティン!!

登山飯

今や登山・キャンプ等のアウトドアに必須といっても過言ではない「メスティン」。
炊飯の他、様々な料理に応用できる最強のアイテムです。
そもそもメスティンとは何なのか、使用するうえでの注意点等、実際に「メスティン」を買ってみたので紹介したいと思います!

目次

「メスティン」とは!?

そもそもメスティンとは、アルミ製の飯盒(はんごう)のことを指します。
飯盒とは、キャンプ・登山など野外における調理に使用する携帯用炊飯器・食器のことで、この飯盒を英語で「Messtin」(メスティン)と言います。
中でも有名なのが、スウェーデンの「trangia」(トランギア)社製のメスティンです。

MiliCamp(ミリキャンプ)のメスティン

MiliCampのメスティンです。

Amazonや楽天で「メスティン」を検索するとたくさんの種類のメスティンがヒットします。
「trangia(トランギア)」、「MiliCamp」、「OYANTAN」等々・・・。
優柔不断なアルトにはありがた迷惑な選択肢の多さですが、結局「MiliCamp」のメスティンセットを購入しました。
購入の決め手は、バット網や小型のポケットストーブ、ハンドルカバー等が付属しており、届いてすぐに使用できそうだったからです!!

セット内容です!

アルトが購入したメスティンはMR-250ですが、MiliCampからより新しい製品、MR-250 Proが発売されています。
容量等はMR-250と同一ですが、Proには炊飯用のメモリが付いていますので、より便利になってます!

今買うならProがおすすめですね!!

メスティンを使う前に・・・シーズニング!!

メスティンは購入後、使用する前にするべきことが2つあります!
1つ目は、”バリ取り”
2つ目は、”シーズニング”
です。
アルミを削り出したメスティンは縁がギザギザしていることがあり、使用中に思わぬケガをしてしうまうかもしれない・・・ので、やすりなどでそのギザギザをとる作業が”バリ取り”です。
トランスギアのメスティンはバリ取り作業が必要みたいですが、今回購入したMiliCampのメスティンはバリ取り加工済みのものなので、バリ取りの必要はありませんでした。
ただ、個体差はあると思うので使用前にしっかり確認しましょう!

使用前にすること2つ目の”シーズニング”とは、メスティンでお米を炊いたり料理したりする際に、焦げ付きやアルミの匂いをお米や料理に移さないために行います。

①ハンドルがない方が作業しやすいため、メスティン本体から外します。(簡単にはずれます。)

②メスティンをしっかり洗います。

③お米のとぎ汁をたっぷり入れた大き目の鍋にメスティンを沈めます。

④沸騰後20分~30分火にかけ、火を止めた後冷めるまで放置します。

⑤最後はメスティンを水洗いして終了!!
お米のとぎ汁ですごくぬるぬるしているので水でやさしく洗います。
せっかくコーティングしたので、洗剤等は使わないようにしましょう。

メステインのお手入れ

普段メスティンを使用した後は、できるだけ洗剤を使わず、やさしく洗います。
油等を使用した際は、洗剤をしっかりと泡立ててこすりすぎずに洗いましょう!!

メスティンはお米を炊くたびにコーティングされるので、たくさん使うことが長持ちの秘訣です!!
みなさんもぜひ自分のメスティンを手に入れ、大事に育てていきましょう!

↓メスティンを買った後に作ってみた炊き込みご飯です!!

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました